ロータス(LOTUS)とカナガンを比較検証してみた

カナガンとロータス

 

たまにペットショップで見かける「ロータスペットフード」が気になっている人がたくさんいると思います。その独特のパッケージイラストはアメリカのアーティストが描いており、不思議な雰囲気が漂っています。

 

個人的にはロータスのデザインが気に入っていますが、中身で考えるとカナガンも捨てがたい。そこで今回は、ロータスとカナガンの原材料と成分を比較してみました。

 

ロータスペットフードとは

「ロータス(LOTSU)」とは「蓮の花」を意味するアメリカのペットフードです。犬用が7種類(内3種類がグレインフリー)、猫用が3種類あります。

 

カナガンと同じく人間が食べて大丈夫な基準で厳選された原材料を使用しており、合成保存料や香料は使っていません。またカロリーが高い小麦やトウモロコシ、肉副産物も使っていません。

 

原材料の比較

今回はロータスの「キャットアダルト」のデータを用いて、カナガンキャットフードと原材料・成分の比較を行います。

 

カナガン

ロータス

乾燥チキン、骨抜きチキン生肉、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂、乾燥全卵、チキングレイビー、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ チキン、チキンミール、挽き割り玄米、挽き割り大麦、鶏レバー、エンドウ豆繊維、鶏脂、乾燥ビール酵母、天然チキンフレーバー、乾燥全卵、オイルブレンド、かぼちゃ、りんご、さつまいも、人参、ほうれん草、ブルーベリー、乾燥クランベリー、はまぐり、挽き割りフラックスシード、海塩、タウリン、緑イ貝、チコリ根、ユッカエキス、乾燥ケルプローズマリーエキス

 

よく見ると結構同じような原材料を使っていますね。それだけどちらも猫(犬)の健康に良い食材を使っていると言うことでしょう。

 

ロータスに「チキンミール」とありますが、これは「肉副産物を含まない」と公式ホームページに書いてありました。と言うことは、単にチキンの肉を砕いたものと言うことでしょうか?「チキン」との違いがはっきりしませんね。

 

成分の比較

成分

カナガン

ロータス

たんぱく質

37%

35%

脂質

20%

19%

繊維

1.5%

3.5%

灰分

8.5%

7%

水分

7%

10%

オメガ6脂肪酸

2.99%

2.5%

オメガ3脂肪酸

0.82%

0.35%

カルシウム

1.58%

1.6%

リン

1.4%

1.25%

マグネシウム

0.09%

0.13%

ナトリウム

0.36%

0.41%

エネルギー(100g)

390kcal

382kcal

 

体重3kgの成猫に対する1日の給与量基準

カナガン…40g(156kcal
ロータス…30〜55g(114〜210kcal

 

成分も似たような数値で、ほぼ誤差の範囲と考えてよいでしょう。給与量を考慮したカロリーは、ロータスのほうが高くなりそうです。ただ個体差によって食べる量が変わってくるので、それほど気にするような差ではありません。

 

価格の比較

価格も種類によって異なるので、例によってキャットフードで比較します。

 

ブランド

カナガン

ロータス

内容量

1.5kg

0.3kg

価格

3,960円(税抜)

1000円前後(税抜)

1kgあたり

2,640円(税抜)

3300円前後(税抜)

 

ロータスの公式ホームページでは値段を公表していないので、Amazonでの販売価格を参照しています。しかしAmazon自体が取り扱いをしておらず、普通のネットショップばかりなので、いまいち正確な価格がわかりませんでした。

 

結局どっちを買うべき?

食いつきがいいほうを選びなさい

 

ロータスもカナガンを比べた結果、原材料も成分も似たり寄ったりなので、どちらでも良いと思います。あとはペット自身に決めさせるのが良いと思います。ロータスにはチキンフレーバーが入っているので、風味がだいぶ異なるはずです。

 

それとは別に、ロータスはAmazonではネットショップの出品しかないので、店舗で購入したほうが割安になると思います。ロータスペットフードの取り扱い店を参考に、近くにあればロータスを買ってみると良いと思います。

 

>>カナガン【キャットフード】公式販売サイトはこちら

 

>>カナガン【ドッグフード】公式販売サイトはこちら

 

関連ページ

モグワンドッグフード
モグワンドッグフードはカナガンの輸入総代理店レティシアンがイギリスの専門家と共同で開発しました。モグワンドッグフードの原材料・成分を比較し、評判・口コミを調べてみました。
モグニャンキャットフード
モグニャンキャットフードはカナガンの輸入総代理店レティシアンがイギリスの専門家と共同で開発しました。モグニャンキャットフードの原材料・成分を比較し、評判・口コミを調べてみました。
シンプリー
シンプリーキャットフードとカナガンを比較しました。どちらもイギリス産ですが、シンプリーは成猫専用と言う特徴があります。イギリスでの評判は良いですが、日本では知名度は低いです。
ジャガー
ジャガーキャットフードとカナガンを比較しました。ジャガーはデンマークで開発された無添加のペットフードで、ヨーロッパで根強い評判があります。
オリジン
オリジンとカナガンを比較しました。オリジンはカナダ産でカナガンはイギリス産。栄養とコスパ、Amazonでのレビューを元にどちらかがよいか検討しました。
ネルソンズ
ネルソンズドッグフードとカナガンを比較しました。両方ともイギリスで生産され、グレインフリー、人工添加物を使っていないという特徴があります。
ナチュラルドッグフード
ナチュラルドッグフードとカナガンを比較しました。ナチュラルドッグフードはラム肉と玄米や全粒大麦などのを使っているのに対して、カナガンは穀物を一切使わずに鶏肉を主な原材料としています。
ロイヤルカナン
ロイヤルカナンとカナガンを比較して紹介します。フランス製のロイヤルカナンには添加物が入っていますが、多種類で世界中で人気があります。カナガンは種類は少ないですが、安全なペットフードです。
サイエンスダイエット
サイエンスダイエットとカナガンの原材料・成分を比較して、どちらのペットフードが優れているか検証しました。
フィッシュ4キャット
フィッシュ4キャットはカナガンと同じくイギリス原産のグレインフリーキャットフードです。ただし主原材料がフィッシュ4キャットは魚、カナガンは鶏肉という違いがあります。粒の大きさと形状、食いつきも微妙に差があります。価格はカナガンのほうが少し安めです。