モグワンドッグフードの原材料・成分を徹底調査!カナガンとの評判を比較!

カナガンとモグワンドッグフード

 

2016年10月1日、今までペットフードの輸入総代理店として事業を展開していた株式会社レティシアンがついに自身の力でペットフードの開発に成功しました。その名も「モグワンドッグフード」です。

 

どうやらカナガンやネルソンズドッグフードナチュラルドッグフードなどを輸入している裏で、着々とイギリスのペットフードの専門家と開発を進めていたようです。

 

そこで今回はモグワンドッグフードとカナガンの原材料・成分を比較していきたいと思います。ついでに、モグワンの評判・口コミもピックアップしておきました。

 

モグワンの口コミ・評判

  • 「手作り食」というコンセプトがとても魅力的でした。
  • 原材料を見て、人間が食べてもよいものばかりで驚きました。安心・安全ですね。なかなか手作りフードを作ってあげられないので、とっても嬉しいです。
  • うちの子は小食で、ぎりぎり標準体型を保っていたので、モグワンは食いつきもよくて助かりました。
  • ワンちゃんに本当に愛情をかけている家族にとってうれしいフードですね。プレミアムフードを宣伝されているフードは色々とありますが、このフードは添加物の心配がなく、かつ関節にも良い、カロリーも少なめで、避妊手術後の太りやすいことを心配する家族にとって安心です。

 

「手作り食」…公式サイトをよく見てみたら、手作りドッグフードで使用する食材を用いているというのも売りの一つのようです。

 

↓↓↓↓↓

 

モグワンドッグフードは手作りのレシピ

 

原材料の比較

カナガンドッグフード

モグワンドッグフード

骨抜きチキン生肉(26%)、乾燥チキン(25%)、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂(3.1%)、乾燥全卵(3.1%)、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル(1.2%)、ミネラル、ビタミン、グルコサミン、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%、サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイルバナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン

 

やっぱりモグワンはカナガンの原材料と似ていますね(笑)。主原料はカナガンドッグフードチキンにサーモンを入れた感じのようです。ただ、気になったのはモグワンに含まれるレアな素材があることです。

 

「ビール酵母」というとアルコールをイメージしがちですが、一切アルコールは入っていません。あくまで発酵段階で使われる酵母で、必須アミノ酸を含む10種類以上のアミノ酸、ミネラルやビタミンが含まれています。

 

他にもココナッツオイル、バナナ、ジンジャー、パパイヤなど、普通のドッグフードにはあまり入っていない高価な食材が使用されています。どうやら考えうる良い原材料を入れられるだけ入れてみたのでしょうか。味が気になります(笑)。

 

成分の比較

成分

カナガン

モグワン

たんぱく質

33%

28%

脂質

17%

12%

繊維

3.5%

3%

灰分

9%

8%

水分

8.5%

8%

オメガ6脂肪酸

2.8%

1.63%

オメガ3脂肪酸

0.9%

1.29%

エネルギー(100g)

361kcal

344kcal

 

成分に関してはどちらが良いかと判断しづらい数値ですね。たんぱく質はカナガンのほうが多いですが、同時に脂質も多いです。ですから100g当たりのカロリーはモグワンのほうが抑えられています。

 

体重10kgの成犬に対する1日の給与量基準

カナガン…90〜190g(325〜686kcal
モグワン…175g前後(602kcal前後

 

給与量基準で見ると、まずモグワンのほうが細かく設定されているのでわかりやすいですね。同じ量与えた場合はモグワンのほうが摂取カロリーを抑えられそうです。

 

形状・サイズの比較

カナガンとモグワンドッグフードのサイズ比較

 

左がカナガンドッグフード チキンで、右がモグワンドッグフードの粒です。どちらも大体1センチほどで、円形状の真ん中に小さな穴が見えるのが特徴です。ただし、モグワンのほうがやや薄いです。

 

価格の比較

カナガンは2kgで3,960円、モグワンは1.8kgで3,960円です。どちらも複数購入すると安くなります。200gは1〜2日分の差ですので、ほぼ誤差の範囲内というところでしょう。

 

結局どっちを買うべき?

興味深い素材を使っているモグワンがおすすめ

 

カナガンはイギリスで成功しているという実績があり、それで日本だけでなくヨーロッパで人気を博したペットフードブランドです。しかしモグワンはペットフードブランドとして新設されたばかりで、一般市場に出てどうなるのか全く未知数です。

 

ただ食材は良いものを使っているのは間違いないので、手作りのようなドッグフードをあげたい人は、物は試しにモグワンを購入してみるのも良いかと思います。今まではレティシアンが輸入総代理店と言うことでしたが、モグワンは製造責任者として、万が一の時のサポートも期待できますからね。

 

>>モグワン公式販売サイトはこちら

 

>>カナガン【ドッグフード】公式販売サイトはこちら

 

関連ページ

モグニャンキャットフード
モグニャンキャットフードはカナガンの輸入総代理店レティシアンがイギリスの専門家と共同で開発しました。モグニャンキャットフードの原材料・成分を比較し、評判・口コミを調べてみました。
シンプリー
シンプリーキャットフードとカナガンを比較しました。どちらもイギリス産ですが、シンプリーは成猫専用と言う特徴があります。イギリスでの評判は良いですが、日本では知名度は低いです。
ジャガー
ジャガーキャットフードとカナガンを比較しました。ジャガーはデンマークで開発された無添加のペットフードで、ヨーロッパで根強い評判があります。
オリジン
オリジンとカナガンを比較しました。オリジンはカナダ産でカナガンはイギリス産。栄養とコスパ、Amazonでのレビューを元にどちらかがよいか検討しました。
ネルソンズ
ネルソンズドッグフードとカナガンを比較しました。両方ともイギリスで生産され、グレインフリー、人工添加物を使っていないという特徴があります。
ナチュラルドッグフード
ナチュラルドッグフードとカナガンを比較しました。ナチュラルドッグフードはラム肉と玄米や全粒大麦などのを使っているのに対して、カナガンは穀物を一切使わずに鶏肉を主な原材料としています。
ロイヤルカナン
ロイヤルカナンとカナガンを比較して紹介します。フランス製のロイヤルカナンには添加物が入っていますが、多種類で世界中で人気があります。カナガンは種類は少ないですが、安全なペットフードです。
サイエンスダイエット
サイエンスダイエットとカナガンの原材料・成分を比較して、どちらのペットフードが優れているか検証しました。
ロータス
ロータスペットフードはアメリカ、カナガンはイギリスを原産です。ロータスはオープンベイクという独自の製法で、カナガンはグレインフリーというそれぞれの特徴があります。