ネルソンズ(Nelsons)ドッグフードとカナガンを比較検証してみた

カナガンとネルソンズドッグフード

 

ドッグフードも数え切れないほど市場に氾濫している中で、このカナガンとネルソンズドッグフードをよく見かけます。日本ではともにネット通販限定ですが、イギリスでは普通にペットショップなどの店頭で販売しています。

 

とにかく店頭で見かけないのにネット上では非常に高評価なので、「本当のところ、どんな評判なの?」と気になるのが本音です。と言うわけで今回は、実際に私もネルソンズドッグフードを購入したうえで、成分や原材料、粒の大きさやコスパを比較したいと思います。

 

原材料の比較

カナガンドッグフード

ネルソンズドッグフード

骨抜きチキン生肉(26%)、乾燥チキン(25%)、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂(3.1%)、乾燥全卵(3.1%)、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル(1.2%)、ミネラル、ビタミン、グルコサミン、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ 乾燥チキン(29%)、チキン生肉(18%)、サツマイモ(18%)、ジャガイモ(16%)、鶏油、アルファルファ、エンドウ豆、チキンフレーバー、酵母エキス、サーモンオイル、亜麻仁、ミネラル、海藻パウダー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、カボチャ、にんじん、リンゴ、トマト、グルコサミン、ユッカエキス、コンドロイチン、マリーゴールド、ローズマリー、フェンネル、ハッカ、ほうれん草、タイム、マジョラムオレガノ、パセリ、セージ、フェヌグリーク種子、ミント緑茶、クランベリー

 

よーく見ると…原材料がほぼ一緒です笑。穀物を使わない(グレインフリー)、チキンがメイン、野菜と果物でビタミンや繊維を補給、人工添加物を入れない。どうやらカナガンとネルソンズは同じ方向性を持つドッグフードのようです。

 

しいて言うならば、ネルソンズのほうが植物の種類が豊富と言うことでしょうか。マジョラム、ハッカ、オレガノ、ミント、緑茶など私たちにも親しみのある植物ハーブが入っていますね。香りにも特徴が出てきますので、食いつきに差がつくでしょうか。まぁ成分・栄養にどれだけの差がでるか見てみましょう。

 

成分の比較

成分

カナガン

ネルソンズ

たんぱく質

33%

30%

脂質

17%

15%

繊維

3.5%

2.5%

灰分

9%

7.5%

水分

8.5%

8%

オメガ6脂肪酸

2.8%

2.2%

オメガ3脂肪酸

0.9%

0.24%

カルシウム

1.86%

2.2%

リン

1.42%

0.9%

マグネシウム

0.1%

0.08%

ナトリウム

0.24%

0.18%

カリウム

0.58%

0.5%

エネルギー(100g)

361kcal

362kcal

 

原材料がほぼ一緒なんだから、成分もほぼ同じになりますよね笑。どの成分項目も誤差の範囲内で近い値を取っています。100gあたりのエネルギーに至っては、僅か1kcalしか差がありません。

 

体重10kgの成犬に対する1日の給与量基準

カナガン…90〜190g(325〜686kcal
ネルソンズ…130〜175g(471〜634kcal

 

仮に体重10kgの成犬に与えるとしたら、どれくらいの量の餌を与えて、どれくらいのカロリーになるのか計算しました。給与量はばらつきがありますが、どっちを与えても、同じ程度のカロリーになりですね。

 

粒の比較

カナガンとネルソンズドッグフードの粒の大きさ比較

※左がカナガン、右がネルソンズドッグフード

 

両方とも同じくらいの大きさで、直径は約1センチほどです。ただカナガンは円形なのに対して、ネルソンズは三角形です。なぜ??

 

どちらが食べやすいかなんてわかりません。歯ごたえが変わってくるのですかね。

 

価格の比較

価格は比較する必要もなく、全く同じ値段です。一袋(2kg)で3,960円(税抜)です。また送料が5,000円以下で一律420円だったり、定期購入時の割引率も全く同じです笑。給与量も似たような感じなので、コスパも同程度と考えてよいでしょう。

 

結局どっちを買うべき?

子犬やシニア犬だったらカナガン。成犬はどちらでもよい。

 

どういうことかと言うと、カナガンは生後2ヶ月以降であれば全年齢対象ですが、ネルソンズは生後7ヶ月から7歳までが対象です。ヨーロッパのペットフードは元々あんまりステージで分けることはないので珍しいですね。

 

 

 

あ、心揺さぶられる点としては、ネルソンズはジッパーがついています!

 

ネルソンズドッグフードの袋についているジッパー

 

カナガンの包装は何もついていないので、外気に触れないように大きなクリップで留める必要があります。毎日何回も開け閉めするのに、クリップは意外と面倒なんですよね笑。面倒がりな人にはネルソンズドッグフードはおすすめです♪

 

>>ネルソンズ公式販売サイトはこちら

 

>>カナガン【ドッグフード】公式販売サイトはこちら

 

関連ページ

モグワンドッグフード
モグワンドッグフードはカナガンの輸入総代理店レティシアンがイギリスの専門家と共同で開発しました。モグワンドッグフードの原材料・成分を比較し、評判・口コミを調べてみました。
モグニャンキャットフード
モグニャンキャットフードはカナガンの輸入総代理店レティシアンがイギリスの専門家と共同で開発しました。モグニャンキャットフードの原材料・成分を比較し、評判・口コミを調べてみました。
シンプリー
シンプリーキャットフードとカナガンを比較しました。どちらもイギリス産ですが、シンプリーは成猫専用と言う特徴があります。イギリスでの評判は良いですが、日本では知名度は低いです。
ジャガー
ジャガーキャットフードとカナガンを比較しました。ジャガーはデンマークで開発された無添加のペットフードで、ヨーロッパで根強い評判があります。
オリジン
オリジンとカナガンを比較しました。オリジンはカナダ産でカナガンはイギリス産。栄養とコスパ、Amazonでのレビューを元にどちらかがよいか検討しました。
ナチュラルドッグフード
ナチュラルドッグフードとカナガンを比較しました。ナチュラルドッグフードはラム肉と玄米や全粒大麦などのを使っているのに対して、カナガンは穀物を一切使わずに鶏肉を主な原材料としています。
ロイヤルカナン
ロイヤルカナンとカナガンを比較して紹介します。フランス製のロイヤルカナンには添加物が入っていますが、多種類で世界中で人気があります。カナガンは種類は少ないですが、安全なペットフードです。
サイエンスダイエット
サイエンスダイエットとカナガンの原材料・成分を比較して、どちらのペットフードが優れているか検証しました。
ロータス
ロータスペットフードはアメリカ、カナガンはイギリスを原産です。ロータスはオープンベイクという独自の製法で、カナガンはグレインフリーというそれぞれの特徴があります。
フィッシュ4キャット
フィッシュ4キャットはカナガンと同じくイギリス原産のグレインフリーキャットフードです。ただし主原材料がフィッシュ4キャットは魚、カナガンは鶏肉という違いがあります。粒の大きさと形状、食いつきも微妙に差があります。価格はカナガンのほうが少し安めです。