豊富な品揃え!カナガンドッグフードのウェットタイプを全品紹介!

カナガンと言えばグレインフリー(穀物不使用)のドライフードというイメージが強いですが、実はウェットタイプのほうが充実したラインナップです。ドライタイプが全8種類なのに対して、ウェットタイプは何と、全13種類!しかもかなり洒落たネーミングとイラストでコレクター魂を刺激する商品ばかりです!

 

ウェットタイプも例によって穀物は使っていないし、水分が多いので水をあまり飲まない犬におすすめです。残念ながら日本では例によって1種類しか輸入されていませんが(笑)、ドライに飽きてそうな顔をしたらウェットを出してあげるのもいいですね。

 

フリーランチキン

フリーランチキン(犬用缶詰め)

 

英名はFree run chickenです。2016年より日本でも販売されることになった唯一のウェットタイプです。使用される原材料はドライタイプのフリーランチキンとほぼ同じで、平飼いされた良質な鶏肉がメインです。食に変化を入れたい時や水分補給として用いることができます。

 

イギリスでの価格は395g×12缶で26.28ポンドで、日本円に換算すると約3,680円です。これが日本では395g×3缶で3,960円…つまり1缶当たり1,400円くらいになります。ええ、冗談かと思いましたが…やはりウェットタイプは重い・かさばるので輸送コストが高いということなのでしょうか?

 

原材料

カナガンドッグフードの原材料一覧

 

新鮮なチキン生肉(66%)、サツマイモ(分4%)、ニンジン、エンドウ豆、ミネラル、サーモンオイル、アルファルファ、海藻、グルコサミン、コンドロイチン、ユッカエキス(22.2ミリグラム/キログラム)、クランベリーエキス(22.2ミリグラム/キログラム)、プレバイオティクス、マンナンオリゴ糖(11.1ミリグラム/キログラム)、リンゴ、ほうれん草、ニンニク、ペパーミント、パセリ、クミン。

 

成分

カナガンドッグフードの成分表

 

成分

割合

粗タンパク質

10%

脂質

77%

粗繊維

0.5%

粗灰分

2.5%

水分

75%

 

給与量

犬のサイズ

体重

1日の目安

小型

1 〜 5kg

4分の1 〜 2分の1缶

小さめ

5 〜 12kg

2分の1 〜 2缶

普通

12 〜 25kg

1 〜 2と4分の1缶

大きめ

25 〜 45kg

2と4分の1 〜 4缶

大型

45 〜 70kg

3と2分の1 〜 5缶

 

>>ウェットタイプ「フリーランチキン」の詳細はこちら

 

 

 

これより下の商品は日本には輸入されていません。そのため説明も簡略化しています。「ふーん」「イギリスではそんなのあるんだー」程度に流し見してください。気になるものがあれば、自分で食材を用意して自作してみるのもいいかもしれませんね。

 

スコティッシュサーモン

スコティッシュサーモン(犬用缶詰め)

 

英名はScottish Salmonです。スコットランドでとれた鮭がメイン原材料です。これもドライフードにあるやつのウェット版です。

 

カントリーゲーム

カントリーゲーム(犬用缶詰め)

 

英名はCountry Gameです。ドライタイプのカントリーゲームと違うのは、兎肉が入っていないことです。

 

ブリティッシュビーフ

ブリティッシュビーフ(犬用缶詰め)

 

英名はBritish Beefです。名前の通りイギリス産の牛肉を使用しています。

 

ブリティッシュラム

ブリティッシュラム(犬用缶詰め)

 

英名はBritish Lambです。イギリスで育てられたラム=子羊の肉を使用しています。

 

ニュージーランドの白身魚

ニュージーランドの白身魚(犬用缶詰め)

 

英名はNew Zealand White fishです。ニュージーランドでとれた白身魚を使用しています。

 

チキンホットポット

チキンホットポット(犬用缶詰め)

 

英名はChicken Hotpotです。「Hotpot(ホットポット)」とはイギリス伝統の料理で、羊肉や牛肉とジャガイモを鍋で蒸し焼きにしたものです。本品は鶏肉を使用しています。

 

サーモンとニシンの夕食会

サーモンとニシンの夕食会(犬用缶詰め)

 

英名はSalmon & Herring Supperです。Herringは魚のニシンのことです。Supperとは「夕食・夕食会」という意味です…が、なんだかうまく訳せていないのは勘弁してください笑。

 

羊飼いのパイ

羊飼いのパイ(犬用缶詰め)

 

英名はShepherd’s Pieです。Shepherdは「羊飼い・牧師・指導者」という意味なので、あり得るとしたら羊飼いですよね笑。原材料はもちろん「ラム肉」です!

 

鹿と猪肉のシチュー

鹿と猪肉のシチュー(犬用缶詰め)

 

英名はVenison & Wild Boar Stewです。ワイルドを追求した逸品。Wild Boarは猪のことをさします。Stewはシチューです。普通に美味しそう…日本でも猪鍋は有名ですね。

 

七面鳥と鴨のディナー

七面鳥と鴨のディナー(犬用缶詰め)

 

英名はTurkey & Duck Dinnerです。何かのお祝いでしょうか?七面鳥と鴨を豪華に調理しています。

 

シニア向けのごちそう

シニア向けの饗宴(犬用缶詰め)

 

英名はSenior Feastです。Feastは「ごちそう・饗宴」という意味です。絵柄は鶏ですね。原材料を見るとフリーランチキンとターキー(七面鳥)が使われているようです。

 

チキンと猪肉の蒸し焼き鍋

チキンと猪肉の蒸し焼き鍋(犬用缶詰め)

 

英名はChicken & Wild Boar Casseroleです。Casseroleは「カセロール(キャセロール)」と言い、肉を野菜や調味料とともにとろ火で煮込んだ料理だそうです。なんとも豪華ですね…人間の私以上に美味しい食事をとれる犬がうらやましい!

 

関連ページ

フリーランチキン
イギリスで大人気のカナガンドッグフード「フリーランチキン」の評判と口コミを紹介しています。日本で販売されている唯一の商品です。犬種や年齢に限らず、どんなわんちゃんでも気に入ると高い評価を得ています。
フリーランチキン【小型犬用】
フリーランチキン小型犬用は子犬(パピー)や体が小さい成犬のために設計されたカナガンのドッグフードです。イギリスでの評判は非常に高く、多くの犬と飼い主に愛されている商品です。
フリーランチキン【大型犬用】
ラージブリードの特徴と評判と口コミをまとめています。大型犬にとって理想的な割合の栄養素と高たんぱく質を備えており、関節のケアにも気を使ったドッグフードです。
フリーランチキン【シニア用】
ライト/シニアは高齢犬と体重が増えすぎた犬に最適なカナガンのドッグフードです。カロリーを抑えつつ高たんぱく質を実現しており、自然食を採用した健康維持効果においても良い評判です。
スコティッシュサーモン
カナガンのスコティッシュサーモンはイギリスでとれた鮭を原材料に使用したドッグフードです。AmazonUKでの評判はほぼ満足という高い評価を得ています。
カントリーゲーム
カナガンのカントリーゲームはイギリスの猟鳥類(鴨、鹿、兎)を原材料にしたドッグフードです。AmazonUKではほぼ満点の口コミで、多くの犬と飼い主に高い評判を得ています。
カントリーゲーム【小型犬用】
カントリーゲーム小型犬用はより小粒の餌にすることで、小さい犬でも食べやすく作られています。イギリスでとれた鹿・兎・鴨を食材としたカナガンのドッグフードです。
グラスフェッドラム
カナガンのグラスフェッドラムは牧草で飼育された羊の肉を原材料としたドッグフードです。65%が肉で構成されており、高たんぱく質であることが非常に評判が良いです。Amazonの口コミでも高い評価です。
原材料と成分比較
カナガンのドッグフードの原材料や成分を商品ごとに比較しています。