ミニチュアダックスフンド向きのドッグフードとは?カナガンとの相性を考察してみた

独特の愛らしさから多くの人に愛されているミニチュアダックスフンド。しかし、その特徴である「胴長」の危険性を知らないと、愛しのワンちゃんを傷つけてしまいます。

 

今回はミニチュアダックスフンドに与えるドッグフード選びで大事なポイントを紹介します。既に知っていることもあると思いますが、確認の意味を込めて読んでいただけたら幸いです。

 

適正体重のコントロール

ダックスフンドの一般的な適正体重

年齢

適正体重

生後3ケ月

2.5〜3kg

生後4ケ月

3〜3.5kg

生後6カ月

4〜4.5kg

成犬オス

4.5〜5kg

成犬メス

4.5kg

 

もともと猟犬であるミニチュアダックスフンドは、長い胴を短い脚で支えなくてはならないため、腰や背骨に負担のかかりやすい体型をしています。腰や背骨に負担をかけないように肥満に注意しなければなりません。

 

それに加えて、ミニチュアダックスフンドは食べることが大好きなことが多く、食欲旺盛なため体重の管理をきちんと行う必要があるのです。低カロリーでありながら良質で高たんぱくな食事を心がけましょう。

 

毛並み(栄養)

毛並みを良くする方法はブラッシングなど様々ありますが、一番に考えられるのがフードの見直しです。品質の良いドックフードを食べることによって、自然と毛並み・艶が良くなります。

 

品質の良いドックフードというのは、良質な動物性タンパク質と脂質が主に使われていること、人工添加物を使っていないこと、そして穀物不使用(グレインフリー)というのが条件です。

 

逆に、植物性タンパク質や脂質(トウモロコシ、コーングルテンミール、大豆、小麦)中心の食事を与え続けると、毛並み・毛の艶が悪くなります。

 

消化しやすい

体に負担をかけないためにも消化しやすいドックフードを与えましょう。特に、穀物は元々肉食である犬の体では消化することができないため、穀物が多く含まれているとドックフードを食べると、消化不良を起こしてしまいます。

 

また、賞味期限が長すぎるドッグフードには、抗酸化剤というフードが腐らないようにする物質が入っていることが多く、下痢になったり、肝臓への負担が大きくなるのでお勧めしません。愛犬の健康のためにも穀物類が少なめで、食物繊維の豊富なドッグフードを選びましょう。

 

そしてミニチュアダックスフンドは、口臭に悩まされているワンちゃんが多いように感じますが、それも消化のいい食事で改善できる場合があります。歯石などの口内環境が問題なら、歯磨きをすることで改善できますが、食べ物が原因の場合、多くの場合ドックフードを変える必要があります。まず、ドックフードの油が多すぎていないか、穀物が含まれていないかを確認をしてください。油や穀物等で消化不良を起こし、口臭の原因となる場合があります。

 

 

 

以上に挙げたミニチュアダックスフンド向きのドッグフードの条件を全て満たしているものがあります。それがカナガンのドッグフードです。一般的な市販製品の2倍ほどの価格ですが、それだけ原材料へのこだわりと、品質管理の徹底に信頼があります。

 

>>カナガン【ドッグフード】公式販売サイトはこちら

 

関連ページ

子犬への適性
カナガンのドッグフードは栄養豊富なので成長著しい子犬に最適です。パピーでも食べやすい小粒サイズで、少量で十分なエネルギーを摂取できます。
シニア犬への適性
シニア犬は運動量が減ったり、胃腸が弱くなったりするので、通常のドッグフードでは肥満や消化不良の原因になります。栄養満点で高齢犬でも食べやすいカナガンのドッグフードがおすすめです。
餌を食べない場合の工夫
カナガンのドッグフードを食べない理由は、餌の変え方や与え方、または犬の体調に問題があります。食いつきが悪い時は特に餌の与え方を変えたり、運動させる工夫が必要です。
涙やけへの効果
カナガンのドッグフードが小型犬に多い涙やけに効果があるのか調べてみました。涙やけの原因を解消するための成分がドッグフードに多く含まれているようです。
エリザベスによる体験記
イギリス在住のエリザベスとロッティによるカナガンドッグフードの口コミ体験記を紹介します。