美食猫を潤すカナガンキャットフードの缶詰ウェットタイプの紹介

猫は水分を多量に必要としますが、容器に入れられた水をなかなか飲んでくれない時があります。そういう時に役立つのがウェットタイプのキャットフードですね。

 

カナガンは2015年以前はドライタイプしか輸入していませんでしたが、2016年になってウェットタイプの輸入を始めました。現時点では「チキン&サーモン」しかありませんが、今後拡充される可能性もあるので楽しみに待ちましょう。ちなみに、イギリスで販売されているカナガンのウェットタイプは全部で16種類あります。

 

CHICKEN WITH SALMON

カナガンキャットフードウェット

 

日本名は「チキン&サーモン」で、ウェットフードの中で唯一輸入されている商品です。柔らかく千切りにされた鶏の胸肉と一口サイズの鮭は、それぞれの肉から出た肉汁(グレービーソース)で調理してあります。鶏は広い敷地を自由に走り回って育った「フリーランチキン」を使用しており、良質で豊富なたんぱく質を含んでいます。

 

イギリスでの価格は75g×12缶で12.6ポンドで、日本円に換算すると約1,800円です。日本では75g×12缶で5,400円になります。ちょうど3倍ですね笑。1缶あたり500円近くかかる超高級缶詰めです…。

 

カナガンキャットフード缶詰

 

原材料

チキン(58%)、チキン煮汁(32%)、サーモン(5%)、タピオカ、ひまわり油、ビタミンとミネラル。

 

成分

粗タンパク質:19%、水分:77%、脂質:1.2%、粗灰分:1.2%、粗繊維:0.03%

 

給与量

平均的な猫であれば1日あたり2〜3缶で満たすことができるでしょう。子猫、妊娠中または授乳中の母猫であればもっと必要かもしれません。

 

カナガンキャットフードの缶詰を食べている様子

 

写真のとおりカナガンのウェットフードはチキンとサーモンが細長い形状をしています。普段丸っこいドライフードを食べているし、ウェットフードもぐちゃりとしたものが多いので、最初は若干食べにくい様子でした。また最近ウェットフードを買ったので、新しい匂いに警戒していましたね(笑)

 

でも2〜3分うろうろした結果、何だかんだで食べてくれました。食べても大丈夫だとわかってからは無心に食べ始めましたね。この辺は流石カナガン。いや、ウェットフードは大抵どれも嗜好性が高いので、期待通りという感じですね。

 

唯一の難点はめちゃくちゃ高いことです(笑)さすがに毎日毎食与えると人間の食費以上にかかりますよ(笑)たまのご褒美として上げる分には良いと思います。

 

>>ウェットタイプ「チキン&サーモン」の詳細はこちら

 

 

 

これより下の商品は日本には輸入されていません。そのため説明も簡略化しています。「ふーん」「イギリスではそんなのあるんだー」程度に流し見してください。気になるものがあれば、自分で食材を用意して自作してみるのもいいかもしれませんね。

 

FREE RUN CHICKEN

フリーランチキン(猫用缶詰)

 

この商品はドライタイプの猫用フリーランチキンのウェット版です。特にこれといって特徴はありません。

 

CHICKEN WITH VEGETABLES

チキンと野菜(猫用缶詰)

 

「チキンと野菜」と言うことで、通常よりも野菜が多めに入っています。ニンジンとかカボチャとかタピオカなどが入っているようです。

 

OCEAN TUNA

オーシャンツナ(猫用缶詰)

 

「オーシャンツナ」を日本にすると、大洋のマグロの肉ということです。シーチキンとも言いますね。マグロ好きの猫におすすめです。

 

TUNA WITH PRAWNS

ツナとエビ(猫用缶詰)

 

PRAWNSはエビのことです。エビ?若干不安はありますが、大丈夫なら食べさせてあげたいですね。まぁあえてこれを選ぶことはないでしょうけど。

 

CHICKEN WITH SEABASS

チキンとスズキ(猫用缶詰)

 

SEABASSは魚のスズキのことです。猫が普段食べている魚の味に飽きたならば、この「チキン&スズキ」の登場です!

 

CHICKEN WITH SARDINE

チキンとイワシ(猫用缶詰)

 

SARDINEは魚のイワシのことです。日本でもなじみ深いイワシですが、正直最近は食べていません。これも普段挙げている魚に変化球を投げたい時に「チキンとイワシ」を与えましょう。

 

CHICKEN WITH BEEF

チキンとビーフ(猫用缶詰)

 

猫は牛肉を好むかどうか怪しいところですが、豪華にビーフもいいでしょう。それで猫が他の肉を食べなくなっても知りません。

 

CHICKEN WITH DUCK

チキンと鴨(猫用缶詰)

 

チキン&鴨。無難な組み合わせです。鶏肉が好きな猫は喜ぶと思います。

 

CHICKEN WITH HAM

チキンとハム(猫用缶詰)

 

チキンとハム。ハムは豚肉(もも)のことです。豚肉はよく加熱してあげれば大丈夫。缶詰なら調理の手間も省けるので便利ですね。

 

TUNA WITH CHICKEN

ツナとチキン(猫用缶詰)

 

ツナ&チキン。定番の2種をミックスした一品。と言うか、これだったら自分で作れると思います笑。

 

TUNA WITH MUSSELS

ツナとムラサキイガイ(猫用缶詰)

 

ツナ&ムラサキイガイ。なぜカナガンはムラサキイガイをチョイスしたのか?はなはだ疑問ですが、ヨーロッパではこの貝は食用として親しまれています。

 

CHICKEN WITH CRAB

チキンとカニ(猫用缶詰)

 

チキン&カニ。この組み合わせは人間にとっても美味しいかもしれません。美食家猫の舌もうならせるでしょう。

 

TUNA WITH SALMON

ツナとサーモン(猫用缶詰)

 

ツナ&サーモン。言い換えれば、マグロ&鮭。日本人も白いお米と一緒にこの缶詰めをいかが?

 

CHICKEN WITH PRAWN

チキンとエビ(猫用缶詰)

 

チキン&エビ。PRAWNはエビのことですね。

 

TUNA WITH CRAB

ツナとカニ(猫用缶詰)

 

ツナ&カニ。うすうす気づいていたけど、○&□という組み合わせを複数用意しているだけで、食材自体はそんなに種類があるわけではない。

 

関連ページ

フリーランチキン
カナガンのキャットフード「フリーランチキン」の評判をまとめました。日本で販売されている唯一のドライフードです。グレインフリーで良質な食材を使用しているので栄養豊富です。どんな猫でも相性抜群と非常に良い評価の餌です。
スコティッシュサーモン
スコティッシュサーモンはスコットランドでとれた鮭を主な原材料として作られたカナガンのキャットフードです。グレインフリーで人工添加物が含まれないのにでお腹に優しいです。
カントリーゲーム
カントリーゲームはイギリスでとれた鴨、鹿、兎の肉を使用したカナガンのキャットフードです。肉の割合が多く、高たんぱく質だけでなく、味わいの深さも一級品です。
原材料と成分
カナガンのキャットフードの原材料は主にチキンを使用しており、主成分はたんぱく質です。グレインフリーなので低カロリーというのも特徴です。